超音波ホモジナイザー Model SFX250,550|株式会社セントラル科学貿易

*

Model SFX250,550

image

卓上デジタル

imageSFX250, SFX550は、同条件で行う実験で再現性の高い結果を実現します。温度コントロールモードの設定条件によりサンプルの昇温を防ぐことが可能です。
時間・温度・エネルギーなどのパラメータで18通りの発振条件を設定することができるため、多岐にわたる実験条件に適応します。







>アクセサリーはこちら



仕様

モデル SFX250 SFX550
周波数/出力 20kHz/250W 20kHz/550W
サンプルサイズ容量 0.1~500ml 0.1~1000ml
サイズ 191(W)×318(L)×235(H)mm 191(W)×318(L)×235(H)mm
電源 100V 50/60Hz 100V 50/60Hz
発振方式 連続発振又はパルス発振の選択 連続発振又はパルス発振の選択
振幅制御範囲 振幅10~100% 振幅10~100%  
マイクロチップモード 振幅70%制御 振幅70%制御  
コントロールモード設定内容 時間、エネルギー、温度 時間、エネルギー、温度  
プログラムメモリ 最大20個のプログラムを記憶 最大20個のプログラムを記憶  
プログラム可能なパラメータ 連続発振/パルス発振
各コントロールの選択可能(時間/エネルギー/温度)
パルスのON時間/エネルギー
パルスのON時間とOFF時間合計/エネルギー
振幅設定(%)
連続発振/パルス発振
各コントロールの選択可能(時間/エネルギー/温度)
パルスのON時間/エネルギー
パルスのON時間とOFF時間合計/エネルギー
振幅設定(%)  
セット内容 発振器/コンバータ
1/2“タップ型破砕ホーン
温度センサープローブ
発振器/コンバータ
1/2“タップ型破砕ホーン
温度センサープローブ

特徴

・高変換効率コンバータ
・アイコン表示で簡単設定
・3種類のコントロールモード
・各コントロールモードでパラメータ設定が可能
<ユーザービリティが高いインターフェイス>
最大出力(W)・トータル超音波エネルギー(J)・MAX温度と実験終了時の温度